皮膚のトラブル.com トップ > よく見られる皮膚トラブル > 肝斑(かんぱん)

よく見られる皮膚のトラブル

紫外線や女性ホルモンが原因で起こるシミや肝斑、肌の色素とも深く関連するそばかすなど、肌トラブルに悩まされている人は多いもの。各悩みの詳しい症状から、しみ取りなどの治療方法を一気にご紹介します。

肝斑(かんぱん)

特徴

肝斑は、様々な形で広がることがほとんどです。筆でスッと線を書いたような形であったり、三角形や地図のような形であったりなど様々です。しかし、いずれの形であっても、左右対称である場合が多いそうです。30代に入ると現れやすい症状なので、左右対称にシミが広がっていることを確認したら、肝斑の可能性が高いといえるでしょう。肝斑の進行は「頬」から始まり、次に「口の周り」、「こめかみ」など顔の広範囲に広がります。

原因

肝斑の原因の大半は、太陽から発されている紫外線によるものがほとんどです。紫外線は、肝斑の元であるメラニン色素を活性させる働きを持っています。一方、女性ホルモンのバランスが崩れることで、肌細胞が上手く働かなくなり、同様に肝斑に繋がってしまう恐れもあります。肌のバリア機能が弱まり、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなる30代以降の年代の人は、特に注意しておく必要があるので、事前に対策を行っておくと良いでしょう。

主な治療法

肝斑の治療には、「オーロラ(光美白)」や「フォトシルクプラス」による治療が効果的です。肌細胞の活性化を促す効果を持っており、肝斑の原因であるメラニン色素を除去していきます。美容外科で継続的に治療を受けることで、肝斑の色素を徐々に薄くさせることが出来ます。また、これらの治療は肌細胞を活性化させ、コラーゲンの生成過程を刺激する効果も備わっています。肝斑治療の他に、シワをなくし肌のハリを取り戻すことも可能です。

肝斑(かんぱん)」に強いオススメ美容外科

大塚美容外科

大塚美容外科

ホームページhttp://www.otsuka-biyo.co.jp/

有名なモデルや女性タレントなど、「美しく見られることが仕事」の患者が多数利用している美容外科クリニックです。3万件以上の症例実績を誇る医師が、患者をばっちりサポート

詳しく見る

品川美容外科

品川美容外科

ホームページhttp://www.shinagawa.com/

診療科目が豊富なため、様々なタイプの悩みに臨機応変に対応出来るのが品川美容外科の魅力です。シミ、そばかす、肝斑などの施術メニューもその例にもれず、セット治療も用意されています。

詳しく見る

フェミークリニック

フェミークリニック

ホームページhttp://www.femmy-c.com/

有名なモデルや女性タレントなど、「美しく見られることが仕事」の患者が多数利用している美容外科クリニックです。3万件以上の症例実績を誇る医師が、患者をばっちりサポート

詳しく見る

「肝斑(かんぱん)」の予防方法

肝斑を予防するには、原因であるメラニン色素が作られるのを抑えることが重要です。そのため、日頃からメラニン色素を増殖させる原因である、「太陽からの紫外線」を浴びないようにしておくと良いでしょう。また、紫外線を予防する機能を持った化粧品やグッズは様々なものがあり、UVカット効果のある「日焼け止め」や「化粧下地」、「ファンデーション」、「日傘」、「帽子」などが挙げられます。なお、紫外線による肌へのダメージは蓄積します。現在は肝斑の症状が現れていなくても、年齢を重ねていくごとに今まで浴びてきた紫外線の影響が現れてしまうので、早めの紫外線対策を行っておくことが大切です。また紫外線の他に、肌へ刺激を与えることで肝斑になってしまう恐れもあります。「精神的なストレス」、「過度の洗顔」や「フェイスマッサージ」によって肌の細胞は弱くなってしまいます。睡眠時間や休息時間をしっかり確保し、優しくスキンケアを行うことで肌のバリア機能を高め、肝斑の発症や悪化を防ぐことが出来ます。また、活性酸素を減らすことで肝斑を防ぐことが可能です。納豆や漬物などの発酵食品や、大豆食品を摂取することで、内側から肝斑を改善・予防することが出来ます。