皮膚のトラブル.com トップ > よく見られる皮膚トラブル

よく見られる皮膚のトラブル

紫外線や女性ホルモンが原因で起こるシミや肝斑、肌の色素とも深く関連するそばかすなど、肌トラブルに悩まされている人は多いもの。各悩みの詳しい症状から、しみ取りなどの治療方法を一気にご紹介します。

しみ

しみ

かんぱんと間違えられやすいしみ。そのため、肌に茶色い物が出きたら『これは何だろう?』と疑問に感じてしまう人がいるでしょう。しかし、しみには特徴があります。それは、形がハッキリしているということです。そのため、肌との境目がハッキリしています。そして、もう1つの特徴が、所々に出来るということです。

詳しく見る
そばかす

そばかす

症状がシミと似ていることから、判断が難しいという人も多いと思いますがそばかすは全くの別物と扱って良いでしょう。シミは30代前後から良く現れ、額や頬などにでき、顔の左右対象に出来ることが多いです。そばかすは、幼少期から思春期に出来る可能性が高く、1つの大きさは米粒大で、目の周辺や頬にポツポツと現れやすいです。

詳しく見る
肝斑(かんぱん)

肝斑
(かんぱん)

肝斑は、様々な形で広がることがほとんどです。筆でスッと線を書いたような形であったり、三角形や地図のような形であったりなど様々です。しかし、いずれの形であっても、左右対称である場合が多いそうです。30代に入ると現れやすい症状なので、左右対称にシミが広がっていることを確認したら、肝斑の可能性が高いといえるでしょう。

詳しく見る
その他の皮膚トラブル

その他の
皮膚のトラブル

紫外線やストレスによって出来るシミ、幅広い年齢層に見られるそばかす、治しにくいシミの一種とされるかんぱん。最近ではしみ取り治療の技術も発展して、肌に負担をかけずに行う治療も増えてきました。肝斑も、専用の薬を服用すれば改善することが出来ます。これらの肌トラブルの他、ニキビや毛穴の詰まりなども、よく見られる肌トラブルのひとつ。

詳しく見る
皮膚のトラブル.com

皮膚トラブルになったら

シミやそばかす、肝斑によって、肌がくすんだり、皮膚がんにかかったりなどの恐れがあるので、症状が広がってしまう前に治療プランを組んでおくことが重要です。

詳しくはこちら

皮膚のトラブルのメカニズム

シミやそばかす、肝斑は美肌の大敵。3つともよく似ていますが、原因や解消法など細かい部分に違いがあります。シミは紫外線、ストレスなどが原因となることが多いです。人の皮膚は紫外線を浴びると、色素形成細胞と呼ばれる細胞が皮膚を守るため、メラニン色素を形成します。これがシミの元です。似た症状にそばかすがありますが、年齢とともに濃くなっていくシミに対し、そばかすは遺伝性のものも多いのが特徴。小さな子どもにもそばかすが見られるのはそのためです。出来はじめのシミやそばかすは、しみ取りクリームで対処することが可能です。年月がたったシミ・そばかすには、市販のしみ取りクリームでは対処しきれないケースがほとんど。そういった場合には、美容外科や皮膚科によるしみ取り治療を受けるのが確実です。シミなどの肌トラブルの中でも、特に治しにくいといわれているのが肝斑です。ストレスや女性ホルモンの分泌と深い関わりがあるとされています。肝斑はレーザー治療も難しく、逆に肝斑を悪化させてしまうことも。肝斑を改善するためには、内服薬や塗り薬が効果的です。ハイドロキノンには肝斑の原因とされるメラニンの生成を抑制し、肝斑を薄くする働きがあります。