皮膚のトラブル.com トップ > 最新しみ・そばかす治療法

最新しみ・そばかす治療法

どんどん進化している「しみ」「そばかす」の治療内容を分かりやすく紹介しています。それぞれ治療期間や一緒に治療出来る症状が違います。知識を深めて自分に合ったしみ取り、そばかす取りを選択し肌トラブルを解決していきましょう。

レーザー治療

レーザー治療

レーザー治療とは、患部に直接レーザーを照射して、症状を改善する治療方法です。しみやそばかすの除去治療だけでなく、がん細胞やその他の細胞を除去する働きも持ちます。レーザーのエネルギーを一点に集中させることが出来る。

詳しく見る

フォトフェイシャル(光治療)

フォトフェイシャル(光治療)

「フォトフェイシャル」とは、しみやそばかすが気になる部分へ、メラニン色素を分解する効果のある光を照射して行うしみ取り治療です。顔全体のメラニン色素を分解するので、しみやそばかすによる肌の色ムラを解消

詳しく見る

フォトRF(オーロラ)

フォトRF(オーロラ)

高い周波を出すRFと、光を出すパルスライトという2つのエネルギーを使って症状を改善する、フォトRF(オーロラ)。しみやそばかすの解消を始め、毛穴を閉じる効果や肌のキメを良くしてくれる効果まであります。

詳しく見る

フラクセル

フラクセル

フラクセル治療は、しみやそばかすなどの肌トラブルを改善する、しみ取り治療のひとつです。その内容は、「症状を持つ箇所を、新しい皮膚に変える」というものです。以前まで主流だった光治療やレーザー治療では不可能であった

詳しく見る

美肌トリートメント

美肌トリートメント

美肌トリートメントとは、肌の奥まで美容液を浸透させ、しみやそばかすの症状を改善させる治療方法です。通常、人間の肌はバリア機能があり、奥まで成分を染み渡らせるための毛穴の広がりが不十分であるため

詳しく見る

塗り薬

塗り薬

しみやそばかすなどの肌トラブルは、「塗り薬」で改善することも出来ます。しみ取りに効果がある塗り薬には、「トレチノイン軟膏」や「ハイドロキノン軟膏」などがあります。「軟膏」は、しみやそばかすを改善させるだけでなく

詳しく見る

内服薬

内服薬

内服薬は、美容外科の医師と話をして、しみやそばかすに良い成分が含まれている薬を飲むことで「しみ取り」「そばかす取り」をする治療法です。薬を飲むだけでいいので、大掛かりな施術を受けることも入院をする必要

詳しく見る

皮膚のトラブルは医師による
カウンセリングを受けて的確な治療を

稀に、施術中にアレルギー反応が出てしまったり、治療内容による副作用が強過ぎてしまったりする症状が見られることがあります。どんなに肌の強い人も、その日の体調や化粧品によって、そういった症状が出てしまうことも考えられるでしょう。しみ取り治療やその他の美容整形を行う時は、カウンセリングを受けることがとても重要です。カウンセリングを軽く考えてしまうと、取り返しのつかないトラブルになる可能性があります。カウンセリングは、患者の肌の状態について判断することを目的としているだけでなく、その人に合う施術方法を選択するために必要なものです。例えば、しみ取りと同時にそばかす取りを行いたい人がいれば、幅広く照射出来るレーザーフェイシャルで治療するのが好ましいです。また、しみとニキビ改善を同時に進めていきたい人は、美肌点滴や内服薬を投与する方法もあり、この治療法はしみとニキビを改善させるだけでなく、美白・美肌の効果があります。患者の要望に適した治療を選択することも美容外科にとっては必要で、カウンセリングで施術や料金、アフターケアについてきちんと話し合います。カウンセリングを重要視している美容外科は、信頼度が高いといえます。