皮膚のトラブル.com トップ > 美容皮膚科が教えるスキンケア

美容皮膚科が教えるスキンケア

いつまでもしみや肝斑のない綺麗な肌を保つためには、毎日のスキンケアが必要です。美容皮膚科では、過剰なスキンケアよりも、個人の肌質に合わせた適度なスキンケアを推奨しています。自分に合ったスキンケア方法を行いましょう。

年代別にスキンケアのポイントを解説します

年齢を重ねていくごとに、肌の新陳代謝や刺激による耐性が変わっていきます。日々のスキンケアは大切ですが、年代別に合わせた対策を進めることで、より健康的な肌づくりが出来ます。年代別のスキンケア方法について紹介します。

10代

過剰な保湿は禁物。化粧水は適度な量で

10代の肌細胞は活発なので、分泌される皮脂も多く、水分も簡単には逃げません。しかし、その頃から化粧水や乳液などで過剰な保湿を行うと、将来は乾燥肌になってしまう恐れがあります。乾燥が気になる時など、必要に応じて保湿を行うことで、肌の細胞や水分バランスが安定します。そのため、しみやそばかす、肝斑が出来にくくなります。また、ニキビが発生しやすい年代なので、日々の洗顔は欠かさず、優しく丁寧に行うことが大切です。

20代

スキンケアで肌の基礎をつくる大切な時期

20代の肌は丈夫なので、しみやそばかす、肝斑の症状を心配することがほぼありません。しかし、毎日の保湿や洗顔を怠ってしまうことで、後々肌細胞は弱まってしまいます。丈夫なうちからスキンケアを行い、肌の基礎をつくっておくことで、年齢を重ねてもしみやそばかす、肝斑の出来にくい肌になれます。また、過度なメイクやクレンジングにより肌がダメージを受けてしまうので、厚塗りは避け、適度なメイクを心がけることが大切です。

30代

しみや肝斑の原因である紫外線の予防を意識したスキンケアを

30代は肌の老化が顕著に現れる時期です。この頃から紫外線の影響を受けやすくなり、しみやそばかす、肝斑といった症状が現れやすくなります。そのため、こまめな日焼け対策や保湿が欠かせなくなります。これらの対策を行い、肌のバリア機能を常にキープしておくことで、肌の老化を遅らせることが出来ます。また、ヒアルロン酸が含まれた化粧水や乳液を、スキンケアに導入することで、しみや肝斑に限らず、小じわやたるみも防ぐことが出来ます。

40代

ホルモンバランスを整え、保湿を十分に

40代に入ると、女性ホルモンが乱れやすくなってしまいます。そのため、肌の免疫力が低下しやすく、肌のハリが失われます。このような場合は、日焼け対策や保湿スキンケアに加えて、内側からも肌の老化対策を行うことが大切です。特に、ビタミン類やたんぱく質の含まれている食品を取り入れることで、しみやそばかす、肝斑を防ぐことが出来ます。保湿を常に心掛け、睡眠時間をきちんと確保しておくことで、老化を防ぐことが出来ます。

50代

1年中保湿を欠かさず、しみや肝斑の予防を

50代に入ると、30代や40代の時とは違って、しみやそばかす、肝斑が現れやすく、1年中、常に乾燥が気になる年代に入ってしまいます。特に、冷房や暖房の効いた部屋に長時間いることで、肌の水分は失われやすくなります。就寝時は、特に肌が乾燥しやすいので、寝る前の、化粧水や乳液による十分な保湿ケアが大切です。バリア機能が弱くなるので、乳液で水分を抜けにくくしておくことで、しみやそばかす、肝斑の予防を行うことが出来ます。

しみや肝斑の予防には、保湿が必要不可欠

10代から50代のスキンケアで特に大切なのは「保湿」です。若いうちはそこまで過敏になる必要はなく、むしろ適量を心がけることが大切ですが、年齢を重ねていくに連れて、肌の水分量は少なくなります。そのため、口周りや目尻を中心に、老化が進んでしまいます。また、しわやしみ、そばかす、肝斑が出来てしまうことで、実際の年齢よりも5歳以上老けて見られてしまいます。いつまでも若々しい肌をキープしたい場合は、毎日、化粧水や乳液で保湿ケアを行うと良いでしょう。しみやそばかす、肝斑は、毎日のスキンケアの積み重ねで改善することが出来ます。現在は、しみやそばかす、肝斑が気にならなくても、将来を考えて早めの対策を行うことが重要です。